敗北を認める呂布カルマに賞賛の声

前回、前々回と引き続き今回もチャレンジャーは呂布カルマ。

 

バトル前に他のイベントのバトルが、丸々一つ放送されるという異例中の異例。

 

放送されたのはR-指定が勝利したUMB2014年のバトルです。

 

当時は疑惑の判定と一部ヘッズの間で騒ぎ立てられた当該バトル。

 

今回は一体どちらが勝利するのか・・・。

 

 

ROUND1

R-指定

言葉のウエイトってほど

軽い言葉はない

自分が大人だって言うほど

餓鬼な奴はいない

地上波に中指立ててるくせに

ノコノコとここに出てきてる

お前は何か フーリガン

クレーターか知らねぇけど

全部言葉がブーメラン

自分に返ってきてる

分かってんのか?

お前こそはっきりしろ

矛盾点ばっかりだぞカスが

ROUND1からバッチバチのR-指定。

 

いつも以上に辛口でスキルよりも内容に比重を置いた、呂布カルマに合わせたバトルスタイルです。

 

呂布

もちろん分かってる

ラップってのは鏡

俺が吐いた言葉

俺に返ってくる

だから俺は

下手なことは言わない

韻の弾みで

しょうもないこと

言ってしまうお前とは違う

3年対面したときよりも

みすぼらしくなったなお前

どういうことだ

さっき出てきた時の曲も

しょうもない四つ打ち

とっくにHIPHOP

捨てちまったのかよR-指定

「地上波に中指立ててるくせに~」というR-指定のDISに対してのアンサーはせず、ブーメランに関してのアンサーをします。

 

「ラップってのは鏡」というワードセンスは素直にかっこいいと思うのですが、「だから俺は下手なことは言わない」というアンサーには、首を傾げてしまいました。

 

下手なことを言ったからこそR-指定にそこを突かれたのではないでしょうか。

 

その後は、R-指定の登場曲『助演男優賞』が四つ打ちビートであることDISります。

 

R-指定

あれを四つ打ち?

あれはサンプリングビート

HIPHOPの基本

分かってないのお前の方でしょ

3年前よりも

格好がみすぼらしい?

韻よりも見た目の話する方が

ダセェと思うんだわ  お前

地上波だなんだ言ってるくせに

ラップでニュースレポート

みたいなんしてんじゃん

どっちが汚れ?

お前落ちこぼれ

自分の力一つで

よじ登れよカスが

呂布カルマの言葉すべてにアンサーを返すR-指定。

 

しかし、このアンサーにも首を傾げてしまいました。

 

呂布カルマは四つ打ちビートがしょうもないとDISっているのにも関わらず、「あれはサンプリングビートだ」とアンサー。

 

サンプリングだろうがなんだろうが、それを決めたのはR-指定自身(ないしCreepy Nuts)です。

 

打ち込みと勘違いしたのでしょうか?

 

見た目DISに対しては、「韻に拘ることよりも見た目DISの方がダサい」としっかりアンサー。

 

そして、一本目でも投げかけたトピック、「地上波に中指立ててるくせに~」を再度投げかけます。

 

呂布

しょうがねぇな

一個一個訂正してやろう

サンプリングだろうが

何だろうが

四つ打ちは四つ打ち

あのニュースラップ

これAbema

地上波じゃねぇ

お前とはちげぇ

そしてラップってのは

見た目に出るぞ

汚ねぇ髭で顔面を隠してる

ロン毛で顔を隠してる

それは

お前の自信のなさの表れ

体を鍛えるおっさんと同じ

「四つ打ちは四つ打ち」とまさしくその通りのアンサーをするのですが、何故か反応はいまいち。

 

このバースで初めて地上波云々のDISに対しアンサーを返すのですが、ここでかなり大きい致命的なミスをしてしまいます。

 

R-指定の言う「ニュースレポートみたいなやつ」というのは、Abemaで放送されている『NEWS RAP JAPAN』という番組のことなのですが、

 

「あのニュースラップ  これAbema  地上波じゃねぇ」と、ダンジョンも含めてまとめてアンサーしてしまいます。

 

しかしダンジョンはAbemaでも放送されていますが、地上波でもあります。

 

たしかに、R-指定は一本目で地上波のダンジョンにノコノコ出てきたとDISってたので、アンサーを返すに越したことはないのですが、これでは言ってることがめちゃくちゃです。

 

流石にダンジョンがAbemaだけの放送だと勘違いしてるとは、思えませんし事実T-Pablow戦では、「地上波で毎週毎週楽しませてくれてる」とアンサーしています。

 

おそらく呂布カルマも言ってから気付いたのでしょう。

 

この大きなミスが後の降参に繋がっていったように思いました。

 

『NEWS RAP JAPAN』はAbemaだから地上波じゃない。

『フリースタイルダンジョン』はお前みたいにレギュラー出演してない。

 

こんな感じのアンサーだったら良かったのかもしれません。

 

見た目DISがダサいというR-指定のアンサーに対しては、「そしてラップってのは見た目に出るぞ」としっかりアンサー。

 

ラップは見た目に出る

見た目DISは間接的にラップをDISることになる

 

ということですね。

 

しかし、この後さらにミスを重ねてしまいます。

 

髭が濃く、髪も長いR-指定に対し、「顔を隠すのは自身の無さの表れだ」とDISするのですが・・・。

 

R-指定

なるほどね  グラサンで

目隠してるってことやろコイツ

自分で言ってるやん

俺が地上波だなんだ

言ってねぇ

ラップでニュース読むことの

ダサさを言ってんだこのカスが

お前格好つけやがって

分かるか?

韻の弾みだ

どうの話じゃねぇよ

お前大人ぶってるんだ

もし俺がガキで中二病なら

お前一番痛い大二病だ

お前みたいなやつ

芸大にいっぱいいんだわ

クソが

「なるほどね 。グラサンで目隠してるってことやろコイツ」と喋り口調で嘲笑しつつアンサーするR- 指定。

 

「うわーこれ口喧嘩でされたら相当イラっとくるやつじゃん!!」と内心思いました(笑)

 

「顔を隠すのは自信の無さの表れ」って言ってるお前がサングラスかけてたら世話ないわな、と矛盾を指摘しつつ馬鹿にする。

 

この時点で完全に勝負がついたように感じました。

 

さらに、自身を中二病と例え、お前は大二病で芸大の量産型だと痛烈なDIS。

 

本当に今までに無いぐらいに、微塵の慈悲も無い辛口っぷりです。

 

 

呂布

そりゃそう俺芸大卒

芸大に俺みたいなやつ

いっぱいいたよ

HIPHOP界俺みたいなやつ

全然いねぇよ

だから目立ってるってことだ

お前とはちげぇ

韻が無ぇと進まねぇ

ラップとは違う

俺頭からケツまで

全部パンチライン 全部味わえ

お前金輪際

俺の前に立てないように

してやるから よく覚えとけ

「芸大に俺みたいなやついっぱいいた」と認めたうえで、「けれどHIPHOP界にはいない。だから目立ってる」とアンサー。

 

筋は通ってるのですが、芸大に自分のような人間がたくさんいたと認めてしまうのはどうかと思いました。

 

 

そこは唯一無二を主張した方がかっこいいかなと。

 

後半はいつも通りの呂布カルマで、かっこいいラップだった印象です。

 

判定

まだ見たいなーと思いつつも、クリティカルを覚悟していたのですが、いとうせいこうが呂布カルマに票を入れ、結果は4対1でR-指定の快勝。

 

まだ見れる!という喜びもありつつ、呂布カルマは一度崩れると立ち直りづらいMCという認識が自分の中であったので、いっそクリティカルの方がよかったのかも・・・なんて思いもありました。

 

ともあれ勝負はROUND2に続きます。

 

 

 

ROUND2

R-指定

お前みたいな奴が目立つ?

さっきVTRで言ってたな

「俺のスタイルが流行ってるからすかね?」

思い上がんな

その程度のスキルで

ここに上がんな

韻がどうこう

お前のライン

全部パンチラインやったら

全部沸いてないと

おかしくない? お前

自分のラップも観客の声も

冷静に聞かれへん

Cool coreなんすか?

スタッフに強さの秘訣を聞かれ、「単純に僕が流行っているから」と答えた呂布カルマを引き合いに出し「思いあがるな」ぴしゃり。

 

さらに、ROUND1の呂布カルマのライン、「頭からケツまで全部パンチライン」も引き合いに出し、「全部パンチラインだったら客も全ラインで沸いてなきゃおかしい」と矛盾を指摘します。

 

そのまま、「自分のラップも観客の声も冷静に聞かれへん Cool coreなんすか?」と、Cool(core)なのに冷静じゃないというトンチの効いたラインに繋げます。

 

ちなみに、Cool coreってなに?というツイートがあったので、紹介させていただきますが、呂布カルマの4thアルバムが『The Cool Core』です。

 

呂布

お客さんのレベルに

合わせたラップの権化

その集大成がお前

俺は上 家帰ってもう一回

勉強しなって話

その場で聴いて

すぐ上がれる韻

俺は文字起こしして

後から喰らってくライム

ライムの種類が違う

俺がHIPHOPで

お前はPOPS

You know?

「お客さんのレベルに合わせたラップの権化」

「その集大成がお前だ」

 

このラインは所謂バトルMCと揶揄されるラッパー全員(及びバトルシーン)に対するDISで、かつそのトップがR-指定だということです。

 

それを一言でここまで簡潔に、皮肉の効いた言い回しでまとめてしまう呂布カルマ、流石ですね。

 

R-指定

文字起こししたら

上がんのは

絶対FORKさんの方やから

しかもお前ライムって

言ってるけど 韻一つもないぞ

お前はなんか

空気読んでそういう風に

やってるだけ

自分が特別?

自分が目立ってる?

クラスにおったわ

一人ぐらいは

こういう痛いやつ

おい 文字起こししたって

お前はただ単に

喋ってるだけやぞ カス

呂布

俺が韻踏めないと思ってる

お客さん

実はそこそこ

沢山踏んでるんだけど

分かんねぇかな  お前

俺はクラスに一人いた

一番目立つ奴

お前はクラスに10人はいた

ダセェ陰キャラ

それがラップの

調子こいて勘違いして

俺に向かって

ガン飛ばしてる

韻が踏めてないとDISするR-指定に対し、お客さんと沢山で実際に韻を踏んで見せる呂布カルマ。

 

言葉でアンサーしつつ、スキルでもアンサーしています。

 

さらに、「お前はクラスに一人はいる痛いやつ」というDISに対しては、「俺はクラスに一人しかいない。お前はクラスに10人いる」とアンサー。

 

R-指定

いやいやいや

調子こいちゃってるのは

お前の方でしょ

そのオールバック

グラサン芸大卒なのに

ヤンキー気取りか?

漢さんと

全然芯の太さが違うねん

お前にな  教えといたるわ

見た目だけ格好つけた

的場浩司

でもハートはチキン

名古屋コーチン

FAKE 佐村河内

Shall we 死のダンス?

役所広司

相変わらずの毒舌っぷり。

 

後半にはいつものスキルフルなR-指定を見せてくれました。

 

的場浩司からハートはチキン(鶏)のダブルミーニングで名古屋コーチンと繋ぎ、役所広司で踏み締めます。

 

『Shall we ダンス?』の主演は役所広司です。いやー感服。

 

呂布

上手に韻踏むなお前

お前の地元には

お前みたいなやつが

いっぱいいる

ゴリゴリ来んなこの髭面が

この髭ここの髭ロン毛

もう全然いいわ

言うことねぇわ

やっぱコイツ強ぇわ

もうダメだ・・・強い

 

言葉に詰まり、潔く負けを認めR-指定の肩を叩き讃える呂布カルマ。

 

この呂布カルマの引き際には、会場中が大興奮、スタンディングオベーションをするHIDADDY、頭を抱え目を丸くするLily。

 

モンスタールームの漢も思わず「かっこいいなお前!!」と叫んでしまいます。

 

判定+感想

クリティカルでR-指定の勝利に終わった今回のバトルですが、何よりも印象に残ったのは呂布カルマの負け方でした。

 

まさに大和魂。

 

漢はこれを「切腹スタイル」と表現しましたが、まさにその通りです。

 

醜く足掻くぐらいなら自ら死を選ぶ。

 

 

R-指定に関しては、やっぱり今も変わらず王者なんだと再認識させられました。

 

今回ぐらいの調子でバトルされたら、本当に誰も勝てないでしょうね。

 

 

p.s. 数えたら漢さん「かっこいい」って12回も言ってました。