オーディションの段階で名だたる高校生ラッパーが散っていき、過去最高レベルと目された第11回高校生ラップ選手権。

 

本大会が本日2017年3月30日、杜の都仙台にて行われ、その全試合が終了しました。

 

当記事では速報としてその結果を皆様にお届けいたします。

 

なお、大会の様子は4月10日21時からBAZOOKAにて放送されますので、是非そちらもチェックしてください。

 

関連記事

【独占インタビュー!】第8回バトルMC紹介:MOGURA【ラッパー】

 

トーナメント表

※クリックで拡大

 

これが決定したトーナメント表です。

 

一回戦目はいわゆる本命馬達はそれぞれバラバラになりました。

 

唯一Bブロック最終試合のミメイvs9forが一回戦目なのはもったいないですね・・・。

 

優勝予想

※クリックで拡大

 

B速の中の人の勝敗予想です。

 

個人的な感情等は一切排除して、高校生ラップ選手権の性質や審査員の傾向などから考慮して予想しました。

 

結果速報

結果早見トーナメント

 

Aブロック

第一試合 Core-Boy VS 4stump

4stump「コリアのラストエンペラー、エゴサーチのただのメンヘラ」

4stump「ジブラが背中にいる」

Core-Boy「ジブラザダティ、今までよりかはいくらかマシ。俺がクソやばかった。だが、嘘じゃなかった」

延長

 

第一試合 Core-Boy VS 4stump(延長)

Core-Boy「延長戦か。めんどくせえな。決める電光石火。余裕で全国制覇」

勝者:Core-Boy

 

第二試合 Hardy VS G-HOPE

G「やばいやつ?ここはサバイバル。俺は青コーナーでも赤いサグ」

ガッチガチのライミングで圧倒。

勝者:G-HOPE

 

第三試合 Luiz VS Authority

Luiz「Authority、ただの青森人」

Authority「ACEの弟でも変わらない審査結果、お前が勝っても三日天下」

Luiz「ACEの弟ってディスがほとんど。審査結果?お前じゃしないみんなHends up!」

勝者:Luiz

 

第四試合 NoZu VS MC鋼

NoZu「まずはイケメン図に乗んな。こいつをスパッと首チョンパ」

NoZu「選手権だからってそうやって韻踏むな」

勝者:NoZu

 

Bブロック

第一試合 W1NG VS MOGURA

MOGURA「羽があるからって飛べるとは限らねえ。現に前回は一回戦負け」

W1NG「音源チェックを全員しろ。エンジン始動」

延長

第一試合 W1NG VS MOGURA(延長)

MOGURA「あれ?詰まって死にそう見るに死にそう。僕は天才樋口一葉」

W1NG「きたぜ白馬の王子」

MOGURA「白馬の王子?俺が見せてく悪魔の押韻〜〜。天才、枕草子〜〜」

 

鎮座「W1NG君が『お前フローできてない』って言った後詰まって、その後MOGURA君のすごいフロー。明らかでしたよ。」

勝者:MOGURA

 

第二試合 夢句 VS HYDO

夢句「首振るホーミー、負けられないんだよ句に潤うに!」

夢句「絶対しないぜ首吊り自殺、ビートかかればブリブリになる」

延長

 

第二試合 夢句 VS HYDO(延長)

夢句「わかったこいつが狂気の沙汰。まるで蒸気機関車。頭の上ドンキーにハンマー。ここまで来れたホーミーに感謝」

HYDOがフローで圧倒。

勝者:HYDO

 

第三試合 T.T.K VS SHABAZ

SHABAZ 「カラオケが好き?俺はビックステージが好き」

SHABAZ 「ビンラディン、わからせるみんなに。票入れる審査員」

勝者:SHABAZ

 

第四試合 ミメイ VS 9for

9for「じゃんけん負けたのは偶然。俺が勝つのは必然」

9for「冥土の土産?雑魚を蓮舫の仕分け!」

9for、押韻合戦にマイク通してライム読み

延長

 

第四試合 ミメイ VS 9for(延長)

ミメイ「ビート上で多重人格者。首切りますっ。バウンティーハンター。」

→ここからさらに3つ程韻を踏んで株式会社で落とす。

9for「歌舞伎役者、しっかり返す確実にアンサー!!」

「手応えも歯ごたえも噛み応えもねえ!」

勝者:9for

 

Aブロック二回戦

第一試合 Core-Boy VS G-HOPE

激しい押韻の応酬に会場大盛り上がり。

延長

 

第一試合 Core-Boy VS G-HOPE(延長)

Core-Boy「首刈り取る。原宿系のラップ藤田ニコル」

Core-Boy「バルタン星人?足元に爆弾設置。U-20最強、お前韻踏むラッパーの何番煎じ?」

勝者:Core-Boy

 

第二試合 Luiz VS NoZu

NoZu「こいつ目障り。出て行けget out here」

Luiz「目障りか?こいつのスキルの方が出しゃばりだ」

スキルフルの接戦。

勝者:Luiz

 

Bブロック二回戦

第一試合 MOGURA VS HYDO

MOGURA「時代を変えるアベノミクス、十人十色の金子みすゞ」

「今頃メガネのディスかよ〜〜?メガネディス?眺める世界地図、狙うでかいイス〜〜」

MOGURA圧倒。

勝者:MOGURA

 

第二試合 SHABAZ VS 9for

9for「転んでも七転八倒、8mileを越えて俺の数字だ」

9for「天に飛ばせば次の数字に届く」

9for「何荒い鼻息?立てる墓石。アナーキーならfate。ライミング、余裕でハイチーズ」

 

七転(7)八倒(8)、8mile越えて俺の数字(9)

天(10)に飛ばせば次の数字(11回選手権)に届く

7→8→9→10→11と繋ぐ脅威のパンチラインで圧倒。

勝者:9for

 

準決勝

Core-Boy VS Luiz

Luiz「こいつのどこが親思い?なんでSNSで自殺したいとか言ってんの?」

Core-Boy「残念だよLuiz君、今日は踏み潰す」

Core-Boy「人種差別しないブラジル人、ピザハットピザーラつまみ食い」

延長

 

Core-Boy VS Luiz(延長)

Core-Boy「乱れ咲き、戦極の地下MC」

Luiz「今の延長か?審査員」

Core-Boy「審査員?右肩上がりのイルダディー!ハロー?」

勝者:Core-Boy

 

MOGURA VS 9for

MOGURA「顔面が提灯アンコウ」

9for「提灯アンコウはモグラより深いとこにいる」

9for「11回もやってればネタってわかる。ネタ作んなら芸人やってな」

9for「モグラより深いディープインパクト」

勝者:9for

 

決勝戦

Core-Boy VS 9for

9for「約何年経ったろう。ここに来るため一直線に、取るキングオブステージ!」

Core-Boy「身内でも断腸の思い、ここで上げる関東の狼煙」

9for「東京の人間に関東って言われるのが1番嫌いなんだよ。オジロ横浜土俵だろ」

延長

 

Core-Boy VS 9for

Core-Boy「俺が負けると思ってんだろひっくり返してやるから見とけ、ジブラの息子腹括った、帰って寝とけヘタレパン」

9for「角を取ったら客の目は丸くなってた」

Core-Boy「9、名前に丸がある」

9for「数字ネタ、俺には通じねえな」

勝者:9for

 

優勝は9for

 

当サイトでも優勝候補の一人とご紹介した9forが見事、初出場で初優勝を果たしました。

 

どの試合も危なげなく勝利していったイメージでした。

 

またSHABAZ戦の数字を使ったおしゃれパンチラインは、9forのおしゃれパンチラインの中でも過去最高傑作でした。

 

堂々の優勝おめでとうございます!!

 

過去最多の延長回数

今大会の延長回数の合計はなんと脅威の7回!!

 

これは過去最多です。

 

それだけ今大会のレベルが高く、拮抗したバトルが多かったということでしょう。

 

第12回高校生ラップ選手権

第12回高校生ラップ選手権の開催が決定しました。

  • 開催日:8月17日
  • 会場:千葉県 幕張メッセ

今回の大会が素晴らしかっただけに、次回大会にも期待が膨らみますね。