???=ブルジョワ度

自身を諭吉の化身だと称するAmateras。

 

その強みは何と言っても有り余る金からくる心の余裕である。

 

「貴族が庶民の遊びに付き合っている」というスタンスで構築された彼のスタイルを前にすると、庶民のラップはどこか必死で見苦しく見えてしまい、他の相手ならヒットしていたであろうパンチラインも空を切る。

 

“金があるから負けてもどうってことない”という心の余裕は、同時に“金があるから勝てる”という勝因でもあるのだ。

 

「金で買えない物はない」とはよく言ったものだが、Amaterasはそれを体現するかのように金でバトルの強さすら買ってしまったのである。

 

計算されつくされた戦略

Amaterasのバトルスタイルは、実は考えに考えを重ね完璧に構築された理論に基づく戦略なのである。

 

Amaterasがバトルシーンに興味を持ち始めたとき、既にバトルMC達のスキルは膠着状態にあり、誰もが高いスキルのもとバトルしていたという。

 

そこで彼は「今のバトルシーンで勝利するためには、他のMCとの決定的な差別化が必要」と考えた。

 

そこから編み出した答えが、“ラップで戦わない”ということだったという。

 

これは無論ラップをしないということではなく、ラップスキルで勝負しないということである。

 

そして自身の境遇やライフスタイルをもとに、Amaterasという一つの人格が生まれたのだ

 

この戦略は見事に功を奏し、Amaterasは瞬く間にバトルヘッズの注目を集める。

 

 

T-BANGのバース中にシャンパンを開け観客を沸かせるAmateras。

 

T-BANGの「お前らラップ意外で沸くな」という叫びも空しく、観客の心は一瞬でロックされる。

 

まさしく“ラップで戦わない”という戦力を体現したバトルである。

 

極めつけに放たれるブルジョワパンチライン。

 

はい皆さん “明けましておめでとう

シャンパン “開けましたこれでどう

 

まさに金で頬を叩くかのようなパンチラインである。

 

Amaterasは本当に金持ちなのか

Amaterasはバトルシーンで名を上げるために生まれたキャラクターである。

 

ここで一つの疑問が生まれる。

 

「じゃあ金持ちというのもネタなのか?」

 

どうやらそんなことはないらしい。

 

Amaterasの父親はイタリアで会社を経営している社長で、Amateras自身もイタリアで生まれる。

 

その後母と共に日本に渡り、日本屈指のブルジョワ街“白金台”に移り住んだのだ。

 

インタビューで「本当に金持ちなのか」と訊ねられたAmaterasは以下のように答えている。

 

世界を代表する大富豪ってわけじゃないですけど、金持ちって言えるくらいではあります。

引用元:KAI-YOU 「慶應金持ちラッパーAmaterasインタビュー

 

自身は謙遜しているものの、語られた境遇から察するに相当な金持ちであると思われる。

 

 

主な戦績

  • U-22 MCBATTLE 2017 第五次審査会 優勝
  • 超ライブ×戦極 U-22 MCBATTLE 2016 TOKYO 準優勝

 

音源ほか