2017年3月30日に開催された「第11回高校生ラップ選手権」。

 

同大会で初出場ながらベスト4という素晴らしい成績を収めたMOGURAくん。

 

今回、彼にインタビューのオファーをしたところ二つ返事で快諾していただけましたので、改変なしで記事にさせていただきます。

 

 

インタビュー

B速の中の人B速の中の人

まず始めに、もう僕も知ってるんですが、ラップを始めたきっかけを教えていただけますか。

MOGURAMOGURA

Youtubeで「フォーク 神」と検索したことが始まりです!

B速の中の人B速の中の人

野球部に所属していて、フォークボールの動画を探していたとお伺いしたのですが、本当ですか?笑

MOGURAMOGURA

補足ありがとうございます 笑
本当です!
ちなみにフォークは5球に1回くらいは落ちるようになりました!

B速の中の人B速の中の人

きっかけがかなりユニークですよね。
・・・5球に1球だと実戦ではまだ使えそうにないですね 笑

MOGURAMOGURA

はい 笑

B速の中の人B速の中の人

国内有数の進学校に在学中とお伺いしましたが、ラッパーになると言ったときの、ご両親や先生、友人の反応はどうでしたか?

MOGURAMOGURA

まだ自分では「ラッパーになった」という認識は無くて自分のバトルスタイルも音源も本当ににわかすぎて分からないことばかりです。

MOGURAMOGURA

なので親も全然「行ってらっしゃい」程度でしたね。他の方たちに比べてかなり気持ち軽めな気がします。

B速の中の人B速の中の人

なるほど。
あくまで「MCバトルに出る」という気持ちだったわけですね。

MOGURAMOGURA

はい。本当に失礼ながら遊び半分だったんですよね。

B速の中の人B速の中の人

では、選手権に出場したことで、その考え方やHIPHOPに対する気持ちに変化はありましたか?

MOGURAMOGURA

僕の中のHIPHOPは、

「勉強 運動も学校内で中途半端だった自分が光を浴びる」

ってことなので今回のだけで結構個人的にはHIPHOPな訳です 笑

B速の中の人B速の中の人

ほうほう。

MOGURAMOGURA

スキルも大して自信無かったのにここまで来てしまって、嫉妬なり反感を買ったというのは分かっているので、今度はその人たちを見返すのを僕の中のHIPHOPにしようかなと思っています!

MOGURAMOGURA

なので今後は学校やラップ歴を言い訳にせずに、サイファーやイベントにも参加していこうと思います!

このままでは終われません!

B速の中の人B速の中の人

見返すというのは、バトルももちろんですが、音源制作も視野に入れていると捉えてもいいんでしょうか?

MOGURAMOGURA

北海道の――・・・

B速の中の人B速の中の人

それはサイトに載せちゃっても大丈夫なんでしょうか?笑

MOGURAMOGURA

まだ秘密で!笑

B速の中の人B速の中の人

ですよね 笑

B速の中の人B速の中の人

ラップ歴2カ月で選手権ベスト4という素晴らしい成績を残すことができたわけですが、出場までの二か月間は何をしていたんでしょうか?

MOGURAMOGURA

紹介PVにもあったのですがノートに韻をとにかく書きまくりました!

B速の中の人B速の中の人

あーそれ、拝見させていただきましたよ 笑

B速の中の人B速の中の人

実際に声に出してラップをすることはあまりなかったんでしょうか?

MOGURAMOGURA

家で声出してラップすると、親にうるさいと言われるんです 笑
だから声に出して練習することはほとんどありませんでした。

そのせいで、リズムキープが甘々だったり、サイファーや練習友達がいなくてアンサー練習ができなかったりと、本当にオーディションさえ受かると思っていませんでした。

B速の中の人B速の中の人

今はネット上でサイファーやバトルをする方も珍しくないみたいですよ!

MOGURAMOGURA

なるほど 笑
一応札幌で誘ってくれている方もいるので今後はこちらに行こうかなと思っています!

B速の中の人B速の中の人

もし同じく短い期間で選手権出場を目指している人がいたとしたら、どうアドバイスしますか?

MOGURAMOGURA

オンリーワンになることを考えましょう!
2ヶ月ではその辺でサイファーやってる人にもスキルではまず勝てません!

ラップの面白さとかキャラが大事だと思います!選手権はテレビ番組なので。

B速の中の人B速の中の人

すごく現実的なアドバイスですね 笑

MOGURAMOGURA

僕自体受かるつもりほぼ無しでオーディション行ったので、後から受かった理由分析するとこうなりますね 笑

B速の中の人B速の中の人

ちなみに次回の選手権も出場なさるおつもりですか?

MOGURAMOGURA

ベスト4だからオーディション免除…………とかささやかな期待はありますが 笑

オーディションはどうであれ、ステージでCore-Boyくんを倒すと宣言したからには絶対出ます!

次まではサイファーやイベントも参加してスキルアップしていると思うので宜しくお願いします!

B速の中の人B速の中の人

おー!楽しみにしていますよ!

聞きそびれていたのですが、選手権が終わってから親御さんとはどんな会話をしましたか?

MOGURAMOGURA

ほぼなーんにも無しですかね 笑

親も僕のラップ興味無いので
普通に勉強して普通にやってね、と 笑

B速の中の人B速の中の人

なるほど。
あくまで勉強と両立するなら何やってもいいよって感じなんですね。

MOGURAMOGURA

そんな感じですね。

B速の中の人B速の中の人

そういえば、アンチの発言に対してかなり落ち込んでいたように見受けられますが、今はどうですか?笑

MOGURAMOGURA

今は有名なラッパーの先輩や、同期のCore-Boyくん等にも色々話聞いたりして、もう全く気にしてないですね。

2ヶ月でアンチ作るって凄い注目度やなって今は捉えてます 笑
注目されないとアンチは生まれませんからね。

B速の中の人B速の中の人

そうですね。アンチのいない有名人なんていませんからねー。

B速の中の人B速の中の人

では最後に・・・

B速の中の人B速の中の人

アンチの方々に何か一言お願いします 笑

MOGURAMOGURA

バトルスタイルが「嫌な奴」だったり、リズムキープできなかったり、他の人の韻に気付かなかったり・・・

全体的にラップにわかな所がまだまだあって本当に申し訳ないですが、いつかはもっと凄いラップしてみせます!

これからも立場はどうあれ注目お願いします!!!

B速の中の人B速の中の人

ご協力ありがとうございました(__)

MOGURAMOGURA

こちらこそありがとうございましたm(__)m

 

 

ラップ歴二カ月の軌跡

インタビュー内で出てきた「ノート」がこちらです。

 

 

 

少し読みづらかったので、こちらで解読して書き起こさせていただきました。

 

  • 見せていく―ミステリック―首を絞める任務
  • 教科書―放課後―走馬灯―超過労―文科省―高架路―桃太郎
  • アスベスト―マグネット―まずケツを―カスですと―サブジェクト―浮浪雲(はぐれぐも)―悪戦苦闘―アクセント―発電所
  • ゴールドマイク―ゴーストタイプ―フォークとナイフ
  • 解決法―ダイジェスト―吐いてくぞ―壊血病―解説書―π結合←弱い
  • 金字塔ごとき―人気者もどき―金色のトロフィー
  • 金字塔―人気者―禁止法―日記帳―認知症―蜃気楼―信じよう―陰イオン
  • お茶にごし―猛者気取り―粗大ごみ―その場しのぎ―泊まり込み―夜這い星―野間宏―奎宿(とかきぼし)
  • 「真空地帯」―韻踏む時代 「暗い絵」―うざいぜ

※「真空地帯」「暗い絵」は野間宏の小説

  • ジャイアントハンマー―解散を判断
  • 当然僕―唐変木―通せんぼ―ほうれん草―オクテット―オフセット―猛勉強―高性能―即戦力―養成所―ローテーション―コンセント―フォーメーション―貢献度
  • 相模富士―かましすぎ―かなり無理―当たりクジ―晒し首―敵討ち―ハナミズキ―ワラジムシ―流し打ち―叩き売り―挟み撃ち―社会主義―なまり節
  • 試し読み―誰一人―風に乗り―がれき処理―豆絞り
  • ホトトギス―試みる―とろろ汁

 

恥ずかしさからか、「激寒企画」と題されたノート。

 

受験生のノートを思わせるほどに、たくさんの韻が書き殴られています。

 

おそらくこのページ以外にもびっしりと韻が綴られていることでしょう。

 

韻の引き出しを増やすということが、どれだけ重要か再認識させられますね。

 

 

短いラップ歴で選手権を目指す

MOGURAくんのようにラップ歴二カ月というのはかなり極端ですが、「高校3年生でMCバトルを知り、次の選手権が最後のチャンス」という人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

選手権までの残り期間が少ないからと諦めるのは早計です。

 

選手権はインタビューでもあった通りテレビ番組です。

 

もちろんラップのスキルは一定以上必要になりますが、同じくらいMCとしてのキャラクターやバックボーンなども重要視されます。

 

MOGURAくんの言うとおり、No1ではなくonly1を目指しましょう。

 

ともあれ一定以上のスキルは努力して手に入れる必要があります。

 

韻の引き出しを増やす

MCバトルにおいて韻は必須ではありませんが、選手権においてはこの限りではありません。

 

選手権において韻は絶対に必要です。

 

韻以外の何かがよっぽどずば抜けていれば別ですが、努力して一番伸びやすいのが韻だと思います。

 

MOGURAくんのようにノートに書いてもいいですし、スマホのメモアプリに記録してもいいでしょう。

 

詳しい韻の踏み方については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

韻の踏み方を解説しているサイトは結構ありますが、一番詳しく、踏み方の種類も多く解説していると思います。

 

【裏技あり】ラップしたい人必見!超簡単に韻の引き出しを作る方法・韻の踏み方

 

サイファーに参加する

〇〇サイファーなんて名前が付いた、有名なサイファーがありますが、サイファーはそれ以外にも名前の付いていないようなものや、名前が付いていても無名なものがたくさんあります。

 

「地方だからサイファーなんて行けない」と言う方は本当に調べてみましたか?

 

意外と近所でやっているかもしれませんよ。

 

あなたが済んでいる町もしくは県の名前+サイファーで検索してみてください。

 

検索場所はTwitterがおすすめです。

 

それでも見つからない場合は、ネット上でサイファーやバトルをしている人たちがいるので、混ぜてもらいましょう。

 

こちらもTwitterで検索するとすぐ見つかります。

 

オンリーワンを目指す

オンリーワンを目指すと一言で言っても、これほど難しいことはないですよね。

 

別に今までの選手権の中でオンリーワンになる必要はありません。

 

あなたが出る回でオンリーワンになればいいのです。

 

あまり無責任なことは言えないのですが、韻の方向性を絞るのも手かもしれません。

 

例えば下ネタ系の韻しか踏まない・・・とか・・・。

 

 

 

やはり難しいですね・・・。

 

 

やはり選手権に出れる人達は選ばれた人たちなのだと、記事を書いていて改めて思った今日この頃でした。