日本語ラップシーン最速の男との声名高いjinmenusagi。

 

あらゆる意味で“はやい”この男が、昨年12月にリリースしたEP『はやいEP』は文字通り“はやい”楽曲の目白押しで、全国のヘッズや同業者から高い評価を集めることとなった。

 

中でも同EPのリード曲にあたる『はやい』は、YouTubeで2017年現在およそ17万回の再生数と2000もの高評価を得ている。

 

しかし、曲名こそ『はやい』と称されているものの、『はやいEP』収録曲の中で最も速い曲は実は『はやい』ではないのだ。

 

 

 

最速曲『BUDDY BYE』

『はやいEP』収録曲中、最速を誇るのは『BUDDY BYE』である。

 

Budy Byeはパトワ語(ヤーマン等)の一種で、マリファナをボングで吸うときの擬音だと言われている。

 

 

レゲエではこの言葉が頻出するが、この言葉自体に特に意味はなく、単に音やリズムとして使われる。

 

参考曲

 

また、レゲエDEEJAY(HIPHOPでいうところのMC)がライブの際に、この言葉をどれだけ速く繰り返せるかで、会場を暖めるのに用いたりもする。

 

そんな言葉を曲名にしているだけあって、jinmenusagiの『BUDDY BYE』はものすごい速さになっており、その速さは聴きとることが不可能なんじゃないかと思えるほどである。

 

『BUDDY BYE』はなぜリリック添付されていないのか

『BUDDY BYE』は、前述した通り聴きとることが不可能と思える速さであるのにも関わらず、『はやいEP』収録曲の中で唯一リリックが明かされていない。

 

これはjinmenusagiの遊び心によるものだったことが、先日6月1日に放送されたラジオ番組『ジメサギの任せっちゃって医院ですか?』で判明した。

 

jinmenusagi曰く「聴きとれるなら聴きとってみろ」という思いから、あえてリリックを添付しなかったとのこと。

 

この記事を読んでいる皆さんはおそらく聴きとることが出来なかった方々であると、推測されるがご安心を。

 

おそらく誰一人として聴きとることが出来ていないのが現状である。

 

その証拠に、「jinmenusagi BUDDY BYE リリック」でググってもまったくヒットしない上に、当サイトが唯一聴きとれていたリリックの一部分でググってもヒットしない。

 

さらに、2chのjinmenusagiスレでは「BUDDY BYEのリリック分かる人いる?」という質問がガン無視される有様なのだ。

 

ラジオでリリックを公表するも・・・

なんと今月1日放送された、「ジメサギの任せちゃっていいんですか?」内で『BUDDY BYE』のリリックが発表された。

 

しかし、いざリリックの読み上げに入ると、たしかに楽曲よりは遅いし聴きとれるのだが、それでもまだまだ速い!

 

パソコンのメモ帳ツールを開いて待機していた当サイトだが、読み上げ数秒後には追いつけなくなってしまい、録音しなくても大丈夫だろうという概算はすぐに打ち砕かれたのだ。

 

『BUDDY BYE』耳コピリリック

ラジオで聞いて覚えていたリリックを耳コピで補足したリリックがこちら。

 

jinmenusagiはころころ髪型変える
グリーンやらパープル目立ちまくりで
この間は真っ赤にしてたっけ
脳みそまで染まりそう
???出来てない証拠
???対処法
???壊して改装中とか言うけど
????

jinmenusagiはころころ態度も変える
街中で声かけても塩対応で
完全舐め腐ってるけど
目上の人間にはなんでかペコペコしてる
喰らっても何でもないような感じで
内心はどうなのか分かんないけど
???
パリコレ気分で奇天烈な格好

jinmenusagiはころころ片言
子供のころからガリガリ肩こり
言葉で カラクリ絡めて
コトコト煮込まれてるから
???
???
???
このままで ???

 

ご覧の通り半分近くが空白状態である。
※色の薄い部分は自信がない。

 

耳に自信のある方は、耳コピにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 

そしてもし、空白部分を聴きとれたという方はぜひ教えていただきたい。