ラップやラッパーを評価する際に「韻が固い」なんて言葉がよく使われていますが、どんな韻が固くてどんな韻がそうじゃないのか、ぼんやりとしか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は「固い韻」とは何をもってそう言うのか、そして韻の種類について解説させていただきます。

 

 

韻が固いとは?

結論から言ってしまうと韻の固さは母音がどれだけ一致しているかに比例します。

 

のっけからダイナミック

まるでタイタニック

想像を超える大パニック

引用 : Original Rhyme Animal/Zeebra

 

以前の記事でライミングの参考になる楽曲として紹介した、Zeebraの「Original Rhyme Animal」から一部抜粋しました。

 

  • ダイナミック
  • タイタニック
  • 大パニック

 

これらの単語は全て母音が、

 

a i a i (ッ) u

 

で構成されています。

 

全てが同じ母音で構成された単語ですから、韻の固さをランク付けするのであれば最高ランクとなります。

 

博多ラーメンで言うところのハリガネでしょうか。

 

次の章では少しランクを落としてみます。

 

「っ」「ん」「ー」の扱い

ここでも、

 

a i a i (ッ) u

 

を軸に解説していきます。

 

ッ に括弧が付いていますが、これは ッ が母音じゃないからです。

 

この「ッ」のように単体では発音できない言葉や「ん」は、母音には分類されませんし、これらを一致させなくても韻を踏むことができます。

 

例えば、

 

ダイヤリング

 

母音にすると a i a i (ン) u ですが、ダイナミックと交互に発音してみてください。

 

ほとんど違和感がないことが分かると思います。

 

さらに、

 

アジアリーグ

 

母音にすると a i a i (-) u です。

 

こちらも同様に違和感がほとんどないはずです。

 

「ん」「っ」「ー」は単語の中で一文字分のリズムをとっていることは間違いないのですが、逆に言えばそれだけです。

 

リズムさえ補えればいいため、同じ「ん」「っ」「ー」で代用が効くのです。

 

a i a i 〇 uと考えれば分かりやすいかもしれません。

※〇=「ん」「っ」「ー」いずれか

 

そして、代用して踏んだ韻はほとんど違和感がなく、最高ランクの固さと遜色がない韻と言えるでしょう。

 

博多ラーメンで言うところのバリカタですね。

 

「っ」「ん」「ー」以外で代用

a i a i (ッ) u の「ッ」の一文字分のリズムを「っ」「ん」「ー」ではなく、母音で補うとどうでしょうか。

 

もっとも違和感なく補える母音は、直前の母音と同じ母音です。

 

「ッ」の直前の母音は「i」ですね。

 

つまりa i a i i uとなります。

 

母音が「i」である五十音は、

 

「いきしちに」の5つですが、このうち「い」に関しては「ー」と同じ性質を持ちます。

 

例えば「大きい」という言葉がありますが、この言葉を実際に発音すると「大きー」となるのが一般的だと思います。

 

おそらく「い」を強調して発音する方はいないでしょう。

 

このことから分かる通り、a i a i (ッ) uの「ッ」を「い」に置き換えることは、「ー」に置き換えることと変わらないのです。

 

ランク的には、この章の一つ前の章と同じランクになりますね。

 

 

では、「いきしちに」のうち、「い」以外を用いた場合はどうでしょうか。

 

待合室

 

まちあいしつ

 

a i a i i u

 

「ッ」を「し」で代用してみました。

 

実際にダイナミックと交互に発音してみてください。

 

それなりに違和感を覚えることと思います。

 

博多ラーメンで言うと順番的には硬めに位置する固さですが、ここら辺までくると「韻が固い」という評価は相応しくないかもしれません。

 

ただ、発音の工夫次第ではこの違和感は解消することができます。

 

ダイナミックと待合室、どちらかの発音にもう一方の発音を近づけるようにしてみるといいでしょう。

 

では、「ッ」を一つ後ろの文字の母音と同じ母音に置き替えるとどうでしょうか。

 

ダイナミック

 

a i a i (ッ) u

 

「ッ」の1つ後ろの母音「u」ですね。

 

つまり、a i a i u uとなります。

 

カニバリズム

a i a i u u

 

さて、実際に発音してみていかがでしょうか。

 

さほど違和感は気になりませんね。

 

感覚的には、一つ前の母音を用いたパターンと同じぐらいでしょうか。

 

「韻が固い」という評価には値しないかもしれませんが、十分に使えそうです。

 

総じて、「っ」「ん」「ー」は前後の母音いずれかの母音で代用は出来ますが、「韻が固い」とは言い難いということです。

 

 

直前(直後)の母音で補うことを前提として解説してきましたが、それ以外の母音で補うとどうなるでしょうか。

 

大改革

 

だいかいかく

 

a i a i a u

 

「ッ」を「か(a)」に置き換えてみました。

 

かなり違和感がありますね。

 

もはや韻が踏めているとすら言い難いです。

 

厳密には、

 

ダイナミ

だいかい

 

このように一文字を除いて全て母音が一致しているのですが、一文字違うだけでかなりの違和感が生まれてしまいます。

 

「韻が固い」とは言えませんね。

 

「っ」「ん」「ー」を無視

「っ」「ん」「ー」は無視することも可能です。

 

マイライフ

a i a i u

 

ダイナミックの「ッ」を無視してみました。

 

マイライフをそのまま発音してしまうと違和感がありますので、ダイナミックをマイライフに寄せるか、マイライフをダイナミックに寄せて発音するといいでしょう。

 

 

番外編:究極の固さ「子音踏み」

母音全てと「っ」「ん」「ー」全てが一致する言葉が最高硬度を誇る韻だと前述しましたが、実はさらにその上が存在します。

 

それが「子音踏み」と呼ばれるものです。

 

前者が博多ラーメンで言うところのハリガネだと表現しましたが、子音踏みは湯気通し、すなわち麺を湯気にくぐらせただけというもはや茹でてすらないものになります。

 

ちなみに本場博多ではバリカタでも注文する人は珍しいぐらいらしく、湯気通しに至ってはもはやネタだそうで。

 

 

本題に移ります。

 

子音踏みは語弊を恐れずにあえて端的に言うとダジャレです。

 

アルミ缶の上にあるミカン

 

これですね。

 

黒ぶらないラップは黄色く 会場に繋がる扉のキーロック解除

 

やる気のねぇ輩は使いづれぇ 口開けば「後で、いつか、いずれ

引用:「刻韻」/妖狐

 

 

何週目の夜、見送る人・リアル・季節 なくなる実感
いつの間にか世界は独り歩き 切なくなる あーあ

引用:「be human」/電波少女

 

ダジャレとは言ったものの、このように使い方ひとつでしっかりかっこよくなります。

 

その分、普通のライミングと比較すると難易度はグッと上がります。

 

あまり使う場面は多くなさそうですが、子音踏みに特化するというのは一つの差別化になっていいかもしれません。

 

まとめ

ここまで事細かに解説してきましたが、結局のところライミングは違和感さえなければいいのです。

 

母音が不一致でも発音の仕方一つで固い韻に聴こえますし、発音を工夫せずとも固い韻に聴こえる言葉も存在します。

 

この辺の話は以下の記事で解説していますので、そちらをご参照ください。

 

 

【裏技あり】ラップしたい人必見!超簡単に韻の引き出しを作る方法・韻の踏み方

 

また、たまに母音が不一致なのにも関わらず、違和感を感じることが出来ないという方もいます。

 

そういった方は韻が踏めているかどうか一文字ずつ確認することを習慣づけて慣れていくといいでしょう。

 

感覚をつかむまでの時間はそう長くないと思います。

 

 

韻の硬度ランキング

SS
子音踏み

S
母音及び「ん、っ、ー」が一致

A
母音が一致かつ「ん、っ、ー」を「ん、っ、ー」で代用

B
母音が一致かつ「ん、っ、ー」をその前後の母音の文字で代用

母音が一致かつ「ん、っ、ー」を無視

C以下
一文字以上の母音が不一致(不一致が多ければ多いほどランクが下がる)

 

 

こちらが簡単な韻の硬度ランキングで、一般的にAランク以上が「韻が固い」という評価を受けている印象があります。

 

これはあくまで同じ文字数の単語二つを用いたライミングにおける考え方で、さらに「韻の固さ」には明確な基準は存在していないため、あくまでも当サイトの個人的な見解を交えた基準となっています。

※一般的な認識と大きくかけ離れているということはないはずです。

 

そして前述した通り、発音の工夫次第でこのランキングは変動します。

 

ですから、あくまでも一つの目安としてお考えいただけると幸いです。