音源制作をする上でも、MC BATTLEをする上でも、サイファーをする上でもライム(韻)は必要になります。

 

そしてMC BATTLEやサイファーなどの即興で行うラップ、所謂フリースタイルをやる際には、その場その場でライミングしなければいけません。

 

もちろん基本は即興で思いついた韻を踏んでいくのですが、すべてを即興でやろうとするとどうしても踏める数に限りが出てきます。

 

そこで重要になってくるのが『引き出し』です。

 

引き出しは端的に言うと、『韻のストック』です。

 

この韻のストックが多ければ多いほど、フリースタイルで韻を踏める数も多くなります。

 

 

韻の踏み方

今回は、ラップをする上で欠かせない韻の踏み方を解説します。

 

僕自身ラッパーでもなんでもありませんが、韻を踏むこと自体は大好きで、単語を言われれば割とすぐに韻が踏めます。

 

韻を踏む速さや、数は慣れによるものが大きいので、日ごろから目に入った物で韻を踏んだり、会話の中で出てきた単語で韻を踏んでみるといいでしょう。

 

※会話してる相手にもよりますが、声に出して踏むとヤバい奴だと思われるので心の中で踏みましょう。

 

言葉の構造

言葉というものは全て、『母音』と『子音』によって構成されています。

 

母音は『あいうえお a i u e o』のことを指します。

 

子音は舌や歯、唇などを使って出す音で、ローマ字の『a i u e o』以外が全て子音です。

 

この母音と子音を組み合わせること(もしくは母音単体)で、初めて言葉として発声できるのです。

 

例えば、kとaを合わせると『か』になりますし、bとaを合わせると『ば』になります。

 

韻を踏むとは?

韻を踏むということは、母音が同じ言葉を二つ以上発声することを言います。

 

今回は当サイトの名前である『B速』を例に解説していきます。

 

まずは『B速』を母音と子音に分解してみましょう。

 

bi i so ku

 

こうなりますね。

 

さらに下の段のローマ字から、母音だけを抽出すると

 

i i o u

 

となります。

 

この抽出された母音が同じ並びで入っている言葉を探しましょう。

 

例えば・・・

 

切り
kiri ko mu

 

母音を抽出すると、

 

i i o u

 

B速の母音と一致しますね。

 

これが韻を踏むということです。

 

韻を踏んでいる言葉の探し方

日本人は基本的に子音だけで発声することはできません。

 

ですが母音だけで発声することは可能なので、母音だけを声に出してみると分かりやすいかもしれません。

 

i i o u なら、「いいおう」と声に出してみましょう。

 

そして、あなたのボキャブラリーの中から、同じような発音になる言葉を探してみてください。

 

こればかりは、あなたのボキャブラリーの多さと頭の回転の速さに依存するものなので、「こうすれば絶対に踏めるよ」という裏技はありません。

 

ただ、探しやすくする方法はあります。

 

単語を分ける

『B速』ならBと速に分けてみましょう。

 

そしてまず、Bだけで韻を踏んでみましょう。

 

Bの母音は、 i i です。

 

思いついたのが、『一(いち)』だとしたら、そのまま残りの母音をくっつけてみましょう。

 

いちおう

 

一応

 

これはラッキーですね。

 

そのまま踏めてしまいました。

 

頭の『一』はそのままに、後半だけ変えて探してみましょう。

 

一族、一目、一浪などなど・・・

 

最初に例として挙げた『切り込む』も『切り』だけをそのままにして、後半を変えるだけで『切り取る』や『キリよく』などバリエーションが増えます。

 

しらみつぶし

では、今度は別のアプローチで、最初に見つけた『一応』の最後の一文字だけ抜いてみましょう。

 

『いちおう』から最後の一文字を抜くと『いちお〇』ですね。

 

この抜いた部分に、他の母音が同じ文字をしらみつぶしに入れていきます。

 

『う』は、u ですから、か行だと『く』ですね。

 

いちおく

 

一億

 

またラッキーですね。

 

一発で見つかりました。

 

他の行の文字も入れてみましょう。

  • いちおう
  • いちおく
  • いちおす
  • いちおつ
  • いちおぬ
  • いちおふ
  • いちおむ
  • いちおゆ
  • いちおる

単語として成立しそうなものはありませんでした。

※実際は濁音、半濁音でも探してみてください。

 

強いて言えば『いちおつ』は『一乙』として、『いちおす』は『一押す』として使えなくもないかな・・・?といった感じですが。

※掲示板の2ちゃんねるで続き物のスレッドを立てた人に対する挨拶。「(スレッド番号)1番おつかれ」の略。

 

こんな感じで、なかなか見つからないときは最後の一文字だけ穴抜きにして、しらみつぶしに探すのもいいかもしれません。

 

母音をカバーしてる言葉でも

例えば『組織力』ですが、『B速』とはまず文字数から違います。

 

しかし、分解して母音を抽出すると・・・

 

o i i o u

 

B速の母音である、 i i o u が並びもそのままに入ってますね。

 

これも韻を踏んでいると言えます。

 

しかし実際に発声しても、韻を踏んでいることに気付かれづらいかもしれません。

 

組織力の『織力』だけを強調して発音すると分かりやすいのですが、そこまでしてしまうと大抵かっこ悪くなってしまいます。

 

ここら辺はフロウとの兼ね合いが重要になってきますね。

 

『B速』の頭に一文字足すのもいいでしょう。

 

こちらのほうが文章として自然になりやすいです。

 

これをする上で便利なのが『助詞』です。

 

助詞を駆使する

日本語の助詞

日本語においては、単語に付加し自立語同士の関係を表したり、対象を表したりする語句の総称。付属語。

出典:Wikipedia

俗に言う『てにをは』ですね。

 

助詞の中でもとくに便利なのが一文字の助詞です。

 

前の章で『組織力』と『B速』でも韻は踏めているが、音として分かりづらいと言いました。

 

そこで、助詞の出番です。

 

『B速』の頭に格助詞の『と』をくっつけるだけで、

 

『組織力』・・・so si ki ryo ku

『とB速』・・・to bi i so ku

 

完全に韻が踏めるだけでなく、文字数も増えてより高度になりますね。

 

実際にラップする際は、『〇〇とB速』というようにすると自然でしょう。

 

同じ格助詞の『の』を使うのもありですね。

 

伸ばし棒や『ん』を駆使する

今まで『B速』の母音を何の注釈も無しに、 『i i o u』としてきましたが、実際には『i-ou』で伸ばし棒がありますよね。

 

Bを発音する際に「びい」と言う人はあまりいないでしょう。

 

大抵の人が「びー」と発音するかと思います。

 

しかし伸ばし棒を伸ばし棒として使うと、一気に韻を踏める単語が少なくなってしまいます。

 

伸ばし棒はそのまま伸ばし棒として使ってもいいですし、今回のように母音に変換してもOKです。

 

実際に発音してもらえば分かるのですが、母音に変換しても全く違和感がありません。

 

 

 

また、『ん』は子音の一つなんですが、直前の母音に引っ張られる性質が強いです。

 

例えば『筋力』ですが、『ん』が入ってますよね。

 

しかし「筋力 B速」と実際に声に出してみると違和感がありません。

 

『筋力』を分解すると、

 

ki n ryo ku となります。

 

『ん』の直前の母音は i ですね。

 

ですからこの場合の『ん』は i の音に近づきます。

 

あまり深く考えすぎると難しくなるので、『ん』は違和感がなければOKと覚えておくぐらいでいいかもしれません。

 

  • 伸ばし棒をそのまま使う
  • 伸ばし棒を母音に変える
  • 『ん』をそのまま使う
  • 『ん』を直前の母音として扱う

 

伸ばし棒と『ん』の扱い方を工夫するだけで一気に韻を踏める単語は増えます。

 

是非マスターしたいところですね。

 

YOを駆使する

HIPHOPに興味がない人からすれば、ラッパーと言えば、口を開けば「YOYO」言ってるイメージがあると思います。

 

街行く人に「ラッパーの真似してください」なんて言ったら、100人中100人が両手でフレミングの法則を作って「YOYOチェケラッチョ!!」と言うでしょう。

 

実際にその通りで、ラッパーはYOYO言います。

 

韻を踏む上でもこの『YO』は非常に便利です。

 

韻を踏む際の使い方としては、前々章の助詞と同様、足りない文字数を補うという形になります。

 

例えば、『韻を踏もう』。

 

一見『B速』とは踏めてない感じがしますが、分解すると・・・

 

in o hu mo u

 

『ん』を前章で説明したように直前の i として扱うと・・・

 

ii o hu mo u

 

母音を抽出すると・・・

 

i i o u o u

 

『B速』の母音は、i i o u なので、カバーできていますね。

 

しかし最後の o u が足りません。

 

そこでYOの出番です。

 

『B速 YO!!』とするだけで完全に韻が踏めちゃいます。

 

ただ実際にラップする際は、少し工夫しないとダサくなってしまうので注意が必要です。

 

YOは今回の解説のように韻を踏むのに使えたり、リズムを取るのに使えたりとかなり便利です。

 

ラッパーの音源などを聴いてYOのかっこいい言い方を練習しておきましょう。

 

ラッパーそれぞれYOの言い方に違いがあるので、ぜひ聴き比べてみてください。

 

完全に踏めなくてもいい

よく「韻が固い」なんて言いますが、韻の固さというのは母音がどれだけ一致しているかに比例します。

 

韻が完全に踏めていなくても、踏めているように聞こえる言葉はあります。

 

例えば、韻踏合組合の『一網打尽』内のHIDADDYのバース。

 

 

俺らがMIC握れば一網打尽

Red EeyzいつもHIDADDY

子供だましKids on magic

何処のどれでもいつも同じ

MakeしてきたRichman Burning

バティマンおかまチチマンBullshit

ビッチのケツとチチ揉んだし

Still Rhyming Let`s mo bounce

まるで回った一郎打順

初めてだってイっちまうヴァージン

誰が聞いてもいちゃもん無し

呼んでなくてもいつもの達

俺がNo.1 Hit’s on party

解んなくても質問無し

どんな相手も一コロだし

HeadsのCocolo一網打尽

引用:韻踏合組合/一網打尽

16小節の全てを一網打尽で踏んでいるんですが、そのうち二つしか完全に踏めていません。

 

しかし、聴いていてもさほど違和感はありませんね。

 

このように完全には踏めてなくても、フロウや発音の仕方で韻を踏めているように聞こえる言葉があります。

 

完全に踏めてないからと、せっかく思いついた韻を捨てるのではなく、少し工夫してみて踏んでいるように聞こえる発音はないか探してみてください。

 

 

母音を発音しない

例えば、『ヒ―ロー』という単語がありますが、『B速』と韻を踏んでいるかと言われると微妙なところ。

 

bi i so ku のkuが邪魔ですよね。

 

なら思い切って発音しないというのも手です。

 

bi i so ku を

 

bi i so k として発音しましょう。

 

母音を無視して子音だけを発音するんです。

 

子音は舌や歯、唇などを使って出す音と前述しました。

 

『く(ku)』とはっきり発音するのではなく、『k』と発音するんです。

 

『く』を声を出さずに発音すると、自然と『k』になるはずです。

 

ボイパが出来る人はイメージしやすいかもしれません。

 

その発音とヒーローを言い比べてみてください。

 

かなり違和感がなくなったはずです。

 

これは単語の最後の文字以外でも使えます。

 

例えば『ありがとう』もめちゃくちゃ頑張れば『B速』で踏めます。

 

文字にすると、『ぃがとう』という感じです。

 

ただ、この踏み方を普通のスタイルの人が急にやると確実に「え?」ってなります。

 

日本語を英語っぽく発音するスタイルの人がやって初めてかっこよくなります。

 

ちなみにSALUの音源ではこの踏み方が多用されています。

 

この踏み方をする際は、自分のスタイルと要相談。

 

言葉を変換する

これは特にMCバトルをする際に便利な方法です。

 

例えば、あなたが相手に『ゴリラ』とDISられたとしましょう。

 

相手のバースが終わるのを待つ間、必死になって『ゴリラ』で踏める韻はないか探します。

 

しかし、いい韻が思いつかない・・・。

 

そんなときは『ゴリラ』自体を別の言葉に変換してしまいましょう。

 

『ゴリラ』に限りなく近い別の単語に変換するんです。

 

例えば『ドンキーコング』や『キングコング』。

 

少し離れますが『チンパンジー』でもいいでしょう。

 

実際にラップする際には、

 

ゴリラってか 俺はキングコング

お前より断然HIPHOP

 

こんな感じで、お客さんがゴリラからキングコングを連想出来るように誘導してあげると、即興性が伝わり、かつお客さんも沸きどころが掴みやすいかと思います。

 

『チンパンジー』の場合は、

 

俺がゴリラならお前チンパンジー

垂直に上昇する逆バンジー

 

こんな感じで相手のDISに繋げるといいかもしれません。

 

ビートが『俺の勝手』/呂布カルマだったら勝利目前ですね。

 

子音踏み

韻を踏むということは、単語と単語の母音を合わせることだと説明しましたが、母音だけでなく子音も合わせることを子音踏みと呼んだりします。

 

例えば・・・

 

 

『アルミ缶の上にあるミカン』

 

 

ダジャレじゃねーかって言ったのは誰じゃ!!

 

そうなんです。

 

ダサい言い方をすると子音踏みはダジャレなんです。

 

ただ、このダジャレもかっこいい単語でハメるとかっこよくなるんです。

 

僕がこの子音踏みで一番感動したのが、電波少女の1stアルバムBIOS収録の『be human』のFUNKY鬚HANKのこちらのバース。

 

何週目の夜、見送る人・リアル・季節 なくなる実感
いつの間にか世界は独り歩き 切なくなる あーあ

引用:電波少女/BIOSより『be human』

なんと12文字もの子音踏みです。

 

子音踏みは通常の押韻と比べて、意味の通る文章にする難易度がかなり高いです。

 

ただ、単語だけなら普通の押韻より簡単です。

 

今書いた『単語』も『丹後』『端午』『黒ネコのタンゴ』など、結構あるんです。

 

ただ、使う際にはダジャレっぽくならないように注意してくださいね。

 

電波少女について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

【jinmenusagi】第一線で活躍するネットラッパー【電波少女】

 

裏技

韻の引き出し作りに行き詰ってしまったら、ツールの使用も考えてみてください。

 

便利な時代になったもので、単語を入力するだけで韻を踏んでいる単語の一覧を出してくれるツールがあります。

 

webサービスならライムサーチが使いやすいです。

 

アプリならRhymePlus!がおすすめです。

→iosの方はこちら

→Androidの方はこちら

 

どちらも無料で使えますので是非試してみてください。

 

ツールなんて使ったらwackの烙印押されるんじゃないかと思うという方。

 

まずあなたがツールを使っているかなんて誰も分かりません。

 

それに韻の引き出しを増やそうと思ったら、否が応でもボキャブラリーを増やさなければいけません。

 

ボキャブラリーを増やす

ボキャブラリーの中から探す

 

これが、

 

韻を踏んでいる単語を探す

見つけた単語をボキャブラリーにする

 

こうなっただけです。

 

フリースタイルしながらツールを使ってたら、それこそwackですが、あくまで引き出しを増やすために使うだけです。

 

ボキャブラリーを増やすために使う辞書だってツールですよ。

 

まとめ

  • 一つの単語を分割して考える
  • 一文字を穴抜きにしてしらみつぶし
  • 文字数が合わなくても踏める
  • 文字数が合わせたい時は助詞等を使う
  • 伸ばし棒や『ん』の使い方を考える
  • 完全に踏めてなくてもOK
  • ツールを使うのもあり

 

ここまで長々と韻の引き出しの増やし方を解説してきましたが、結局は即興で思いついた韻が一番すごいし、HIPHOPだということは忘れないでください。

 

あくまで引き出しは即興の補助です。

 

また、何の関係もないのに突拍子もなく引き出しを使うのは『ネタ』と呼ばれてしまいますのでご注意を。

 

『ネタ』と『引き出し』の違いについては別途記事がありますのでそちらをご参照ください。

 

MCバトルにおける「ネタ」と「引き出し」の違い

 

韻の踏み方を覚えたら腕試し!

当記事を最後までお読みいただいたあなたは、もういっぱしのライマーです。

 

どうせなら実際にお題に沿って韻を踏んで、腕試ししてみましょう。

 

おすすめなのが、HIPHOP専門24時間ラジオWREPで、土日を除いて毎日放送されている番組『渋谷WREP学園』内のコーナーです。

 

『国語の授業』と称された同コーナーは、出されたお題に沿ってTwitter上で韻を踏む視聴者参加型のコーナーです。

 

最優秀賞に選ばれた方には、番組限定のステッカーが贈呈されます。

 

追記:なんと賞品が変わり、最優秀賞5回で番組の非売品Tシャツが貰えるように!

※ステッカーもこれまで通り貰えます。

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【実際にGETしてみた】WREP限定ステッカーの入手方法まとめ

 

その他関連記事

ラップにおける韻とリリックの関係とリリックの書き方