「ネタ」と「引き出し」って何が違うの?

バトルの解説や動画のコメント欄なんかを見ていると、

 

「ネタ」

 

「引き出し」

 

なんて言葉を目にしませんか?

 

あいつはネタ野郎だから~

 

あいつは引き出しが多い

 

こんな感じの使われ方をします。

 

今回はこの二つの違いについて解説していきます。

MCバトルにおける「ネタ」とは

まずはネタの説明をします。

 

MCバトルと言われて皆さんは一番に何を思い浮かべますか?

UMB?

KOK?

高校生ラップ選手権??

 

他には戦極や罵倒なんかも有名ですね。

 

マイナーなものも合わせるとたくさんあるんですが、そのどれもがいわゆるトーナメント形式を採用しています。

 

それでは皆さんが仮にそれらのトーナメントに出場したと考えてください。

 

トーナメントって次当たる相手が誰か分かりますよね?

 

じゃあ次当たる相手が仮にwenyくんだったとしましょう。

 

 

wenyくんが相手か…第4回高校生ラップ選手権でT-Pablowにボロ負けした試合が鮮烈に印象に残ってるな…。

 

そこであなたは次の試合に備え脳内シミュレーションするのです。

 

そしてこんなライムを思いつきました。

 

“世話を焼く”   ”笑顔かぬっ!”

 

※笑顔かぬっ!が何か分からない方はこちらの動画をご覧ください。

 

 

wenyくんの超絶パンチライン“笑顔かぬっ!”を使ったライミングです。

 

実際にバトルでこのライミングをしたら「ネタ」です。

 

要するに相手に合わせて事前に用意をしたライムのことですね。

 

今度は別のパターンの「ネタ」を見ていきましょう。

 

あなたは駆け出しのバトルMC。

 

なかなかバトルに勝てないあなたは寝る前に布団の中でとっておきのライムはないか考えます。

 

“相当テクニカル”  ”速攻で首刈る”

 

うーんなかなかかっこいいライムを思いつきました!

 

さてバトル当日、あなたは何の考えもなしに突拍子もなくとっておきのライムを繰り出しました

 

これも「ネタ」です。

 

おそらくオーディエンスの反応もイマイチだったでしょう。

 

MCバトルにおける「引き出し」とは?

次に「引き出し」について説明していきます。

 

MCというのは基本的にはバトル以外にも音源制作をしているものなんですが、音源でももちろん韻を踏みます。

 

そして新しいリリックを書くたびに新しいライムも考えているわけです。

 

そうすると自ずと記憶の中にライムがどんどんストックされていきます。

 

それは音源制作の過程だけで起こることではありません。

 

例えばサイファーでもそうです。

 

サイファーの最中に思いついたライムもどんどん記憶されていきます。

 

そうやってHIPHOP的生活を営む中で積み上げられていくライムのストックが「引き出し」なんです。

 

実はネタの説明の最後に挙げた

 

“相当テクニカル”  ”速攻で首刈る”

 

この例なんですがこれも実は「引き出し」なんです。

 

え?「ネタ」でもあるし「引き出し」でもあるってどういうこと!?と思われるかもしれませんが、この「引き出し」を突拍子もなく使ってしまうと「ネタ」と言われてしまうんです。

 

例えばバトルの対戦相手のバースで、

 

「~俺はテクニカル」

 

というラインがあったとしましょう。

 

そこですかさずあなたは

 

「確かにコイツは”相当テクニカル”」

 

「けど残念、俺が”速攻で首刈る”」

 

とアンサーしたとしたらどうでしょう?

 

あなたは相手の言葉を拾って自分の「引き出し」の中からそれに見合うライムを探してきたのです。

 

オーディエンスも大盛り上がりでしょう。

 

「ネタ」と「引き出し」の違いまとめ

  • 「引き出し」はHIPHOP的生活の中で培われるライムのストック
  • 「ネタ」は相手を見て新たに「引き出し」を作ることや、「引き出し」を突拍子もなく使う行為

 

一見「ネタ」には見えない「隠れネタ」

相手の言葉を拾って、それに見合った「引き出し」を使うのはネタじゃない。

 

と解説しましたが、実は例外があります。

 

それが「隠れネタ」です。

 

いい例なので再度LEON vs Icerey戦を用いて解説します。

 

あなたがIcereyだったとしましょう。

 

選手権前に不正投票が話題になり、選手権当日誰かがそれについて触れてくることは必至でしょう。

 

そこでこう考えるわけです。

 

触れてきたらカウンターのライムをお見舞いしてやろう!

 

LEON「どうなってんだ不正投票

Icerey(よしきた!!不正投票!!)

Icerey「関係ない“不正の投票” 俺飛び越える“スケートボード”

 

これが「隠れネタ」です。

 

相手が何を言ってくるか予め分かっていればそれに対応するライムを考えられるのです。

 

「隠れネタ」はその場で聴いていただけではなかなか判断しづらく、あたかも即興でライミングしたかのように見えるので、かなり有効な手段と言えるでしょう。

※Icereyくん、もしガチの即興だったらごめんなさい(__)

 

「ネタ」じゃみんな上がらないの?

そんなことありません。

 

ネタの中にも上がらざるを得ないネタはあります。

 

例えば第10回高校生ラップ選手権で少し話題になったIcereyの

 

「不正投票問題」

 

これについてLEONが一回戦で、

 

「俺の事”うぜぇどうこう“の前にどうなってんだ”不正投票“」

 

という風にライミングしていますが、これは明らかに相手を見て新しく作った「引き出し」、つまりネタなんですが、正直これについてはみんな心のどこかで誰かが触れてくれることを期待していました。

 

それをIcereyと仲の良いLEONが触れたので正直僕はブチ上がりましたね(笑)

 

(会場自体はイマイチだったようですが…)

 

このようにネタでもMCにまつわる時事問題なんかが絡んでくると十分なパンチラインになります。

 

また、ネタであってもめちゃくちゃかっこよくハメたら上がっちゃいます。

 

いい例がチプルソですね。

 

ここまでガッチガチにやりきると正直かっこいいです(笑)

 

でもこれはチプルソだからかっこいいんだと思います。

 

チプルソは小節単位でネタを用意していることもあるんですが、この独特な声質と心地いいフローがあってこそ成立するものだなと思います。

 

スナフキンも小節単位のネタをいくつか持っていますがやはり、フローが心地いいんですよね。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

MCバトルのコンテンツを見ているとよく見かける「ネタ」と「引き出し」

 

言葉を使っていてもその定義が曖昧な方もいたのではないでしょうか。

 

また、一口に「ネタ」と言っても種類があり、「ネタ」でもかっこいいものはかっこいい。

 

MCバトルは奥が深いですね!