新たな職業として世間に認知されつつあるYouTuber。

 

最近ではYouTuberとラッパー、二足の草鞋を履いているラッパーも現れるなど、その人気は留まることを知りません。

 

そんなYouTuberの中でも、“炎上系”というカテゴリーに分類されるYouTuberが存在し、その代表的な存在であるシバターが、今回鎖 GROUP代表の漢a.k.a.GAMIとコンタクトを取りました。

 

 

事の発端はこちらのツイート。

 

このツイートは瞬く間に拡散され、あっという間に鎖 GROUPの目にも入ることに。

 

なんと、このツイートによると漢は普段からシバターの動画を楽しんでいるとのこと。

 

シバターといえば、“炎上系”の名の通り歯に衣着せぬ物言いで人気を獲得した、ある意味リアルなYouTuberですから、そういう点では漢と共通点があると言えるかもしれません。

 

上記のツイートに対し、シバターは以下のように返信。

 

第三者の一般人からすると肝を冷やしてしまいそうな、なんとも質素で上から目線とも取れる返信ですが、鎖 GROUPは紳士的な対応を貫き・・・。

 

なんと、どうやら実際に会うことになりそうなんです。

 

鎖 GROUPと言えば過去にも、田代まさしや加藤紗里といった、所謂“しくじった”有名人とコラボして楽曲制作を行っています。

 

さらに先日は、過去にオウム真理教で外報部長・緊急対策本部長と呼ばれる重要な役職を務めていた、上祐 史浩(じょうゆう ふみひろ)ともコラボし話題に。

 

さらにこの企画には、バトルシーンで“宗教”と揶揄されることの多い呂布カルマもコラボしており、楽曲もヘッズ垂涎の出来になっています。

 

関連動画

 

 

シバターもその動画投稿スタイルから、日常的にしくじっていると言っても過言ではありませんから、実際に鎖 GROUPがシバターと接触することになれば、過去の流れと同様に楽曲制作にまで発展するかもしれません。

 

過去に制作された動画及び楽曲はどれも非常にクオリティが高く、楽しめる内容となっているため、今後この動きがどうなるか是非皆さんもチェックしてみてください。